ホテル・ミラコスタ

東京ディズニーリゾート周辺の中で、インパしていなくても、宿泊者じゃなくても、絶対行くべき場所が、ディズニーシーの ホテル・ミラコスタ(略:ミラコ)です。

スポンサーリンク

“インパしない” の絶対的エース、ホテルミラコスタ

ミラコの特徴として、まずは何といっても、東京ディズニーシーのパーク内に立地されているということでしょう。
パーク直結の第3の出入口から、ホテル館内に戻ってきたゲストが、ディズニーシー・メディテレーニアンハーバー(古きイタリア)の世界観それ以上に、更なるエレガントな雰囲気を味わえるようになっています。
なので初めて来た方はため息がでてしまうかもしれません。
そんなミラコに気軽に行く事ができたら・・・行くしかないでしょう!!

パーク内に建屋があるといっても、正面エントランスはパークの外にあるので、パークチケットがなくてもホテル館内に入ることができます。
リゾートラインの東京ディズニーシー・ステーションを降りたホーム一番前の改札を出て、階段を半分降りたらパークのノースゲート上の通路を渡り、ミラコスタへ向かいます。

エントランスの噴水を見ながら入口のドアを通り抜けると、ガリオン船のあるロビーにでます。
そして上を見上げると見事な天井絵があり、そこにはディズニーシーの7つのテーマポートの女神と、ミラコスタの女神が描かれた、計8つの絵があります。
(新テーマポート:ファンタジースプリングスの女神はいません。)
どの絵がどのテーマポートなのか当ててみましょう。
また、それぞれの絵には隠れミッキーが1ついるので、オペラグラスやスマホのズーム写真で探してみてください。

そしてロビーの向こうに大きな窓があり、近づいていくと、なんとそこはディズニーシーのメインとなる、メディテレーニアンハーバー(ミッキー広場)が広がっています。

[大窓からの風景] ※目の前はメディテレーニアンハーバー

この場所でパーク内を眺めていると、気分が上がるのは間違いないです。そして時間が合えばここからハーバーショーを見ることもできます。
ただ、階段の途中で立ち止まって見るのは危険なのでキャストさんからも注意されます。階段の上か下で見るようにしましょう。
ちなみに、階段を降り切ると、そこはパークへのミラコ入口になっています。ミラコ宿泊客は、ココからパークへ出入りできます。
スターライト・チケット等で、宿泊者でなくてもこのミラコゲートから入ることができます。たまにはここからインパしてみてはいかがでしょう。
※混雑時は宿泊者のみの時があるのでキャストさんへご確認ください。

ホテル・ミラコスタの施設

ホテル・ミラコスタの館内には、宿泊客でなくても利用できる施設がたくさんあります。
特にパーク内に立地しているという事で付加価値もあり、お勧めがいっぱいあります。

  1. ベッラヴィスタ・ラウンジ(カフェ&スイーツ&食事)
  2. ミッキランジェロ・ギフト(ディズニーショップ)
  3. オチェーアノ と シルクロード(レストラン)
  4. ウエディング・エリア
  5. ヒッポカンピ(カフェ&軽食) ※穴場
  6. スーベニア・メダル

1. ベッラヴィスタ・ラウンジ

ミラコのロビーラウンジです。
なんといってもメディテレーニアンハーバー(ミッキー広場)を真正面から見渡せるのが醍醐味です。
パークチケットを持っていなくても、時間が合えばハーバーショーを堂々と見ることができます。(音は少し聞こえずらい)
また、季節限定やディズニー・キャラクターをイメージしたスイーツなど、アンバサダー・ホテルやディズーニーランド・ホテルのラウンジ同様、これらを目当てに来るお客さんも大勢います。
モーニングや、ランチ、ディナーの時間帯に加え、ライトミール(14:30~17:00)の時間帯があるのもありがたいです。
待ち時間を覚悟して当日いくか(順番が来たら携帯にTELくれます)、できれば事前予約が間違いないでしょう。どうせならハーバーショーの時間に合わせられれば最高です。
メニューはやはりお高めですが、コーヒーやカフェオレはおかわりOKなので、夏の暑い日は何杯も飲めちゃってお得です!

[ハーバーショーがあるときはカーテンを全開にしてくれます]

メディテレーニアンハーバー(ミッキー広場)を一望できます。

 

2. ミッキランジェロ・ギフト

パーク系ディズニーショップのミッキランジェロ・ギフトです。
ここにしかない、ミラコ・グッズも売ってるので、宿泊したつもり?!で買っちゃいましょう。

ミラコのトートバッグと、ミラココスチュームを着たミキミニぬいぐるみバッジ(ぬいば) だけは、宿泊者しか購入できないので注意しましょう。

 

3. オチェーアノ と シルクロード

地中海料理のレストラン、オチェーアノ(略:オチェ)は、海の世界をモチーフにした店内で、ブッフェやコース料理を頂けます。
そして、中華料理のシルクロードガーデン(略:シルク)と合わせてここのレストランの魅力は、ハーバーショーの時間になると、いったん食事を中断して、専用テラスからショーを見られる事です。
ぜひ利用するときは、ショーの時間に合わせて予約するとベストですね。

TDS ホテルミラコスタのシルクロードガーデンで中華ランチを食す
ちょっとハードルの高い、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの本格広東料理レストラン『シルクロードガーデン』通称:シルク に来ました。幻想的な内装にはうっとりさせられます。専用テラスからパークのハーバーショーを見ることもできます。

4. ウエディング・エリア

ミラコスタには、フェアリーテイル・ウェディングという結婚式を挙げる式場があります。
本来このエリアは、式を挙げる方達のみが入れるエリアですが、挙式がない日や、全ての挙式が終了した後や、ブライダルフェアなどを開催している時。そしてたまにロビーのトイレが混んでいるとウェディングエリアのトイレへ案内される事があります。
もしここへ行くことができたら、そこには別なミラコ・ディズニーの世界があります。
マナーを守り、式を挙げている方々や、キャストさんに迷惑をかけないよう、チャンスがあれば絶対に行ってみてください。

 

5. 穴場のヒッポカンピ

ミラコのスパ&プール「テルメヴェネツィア」の中にあるプールバー「ヒッポカンピ」は、宿泊者でなくても、夏期シーズン以外で、且つ、屋外プールサイドでのみ利用できます。(室内プールと夏季の屋外プールは宿泊者のみ)
テルメヴェネツィアの受付へ行き、お茶だけしたいと伝えれば、キャストさんが屋外の席までわざわざ案内してくれます。
ミラコの屋外プールは、ミッキー達の銅像や色々な装飾品があり、見るだけでも価値があります。また、その周辺はヴェネチアンゴンドラのバックヤードや、ミラコのヴェネチアサイドの景色も見られ、逆にパーク内からでは絶対に見られないディズニーシーを見れるので、カフェだけでも行ってみてください。
ちなみに軽食はちゃんとミラコ内のレストラン厨房から届けられるので、少し時間はかかりますが、その味は本格的です。
宿泊者以外が利用できる季節は基本的に空いていますが、冬に行くとさすがに貸し切り状態になります。
冬の外はとても寒いですが、キャストさんが座布団やブランケットを用意してくれるので、その心遣いと暖かいコヒーで、これもまたきっと良い思い出になると思います。
ちなみにコーヒーやカフェオレ等はおかわりOKなのでお得です!


.

6. スーベニア・メダル(メダリオンメーカー)

パーク同様のスーベニアメダルの販売機(メダリオンメーカー)があります。(1枚 100円)
ミラコスタ限定デザインとなっており、パークイベントに合わせて期間限定のメダルが入れ替わるので集めてみませんか。
アンバサダーホテルやディズーニーランドホテルにも、そのホテル限定のスーベニアメダルがあるので、溜まったらメダルケースやキーホルダーケースをディズニーショップで買いましょう。

注意点が一つ

ミラコに行く上で注意点が一つあります。
ミラコを訪れる一般ゲストが多いせいか、時期により 10:00~16:30(前後30分) は宿泊者かレストラン等を予約している方のみしか入館できない日があります。
リゾートラインのミラコ用改札を出た後、階段を下りる途中の窓から、ノースゲートの渡り廊下にキャストさんがいるとき、または、渡り廊下を渡り切ったところにキャストさんがいるときは入れないので気を付けましょう。(利用者のチェックをしています)
卒業シーズンや、お盆、GWなどの混んでいる時期は、特に制限がかかります。間違いないのはミラコに直接 TEL して、宿泊客以外でも入れる時間を確認してから行きましょう。

それでも夕方(17:00)以降はだいたい入れるので、夜の東京ディズニーシー・メディテレーニアンハーバーを見に行ってみましょう。

 

ホテル・ミラコスタ TEL:047-305-2222

タイトルとURLをコピーしました