リゾートライン20周年・ベイサイドステーションのパネル

スポンサーリンク
インパしない
スポンサーリンク

東京ディズニーリゾートの外周を走るモノレール、ディズニーリゾートライン(略:リゾラ)が 2021年7月27日で開業20周年を迎えました。

そんな20周年を記念して、起点となるリゾートゲートウェイステーションの駅内では、特別展示エリアが開設されましたが、10月1日から新たにベイサイドステーション(改札外)でも、これまでの歴代特別デザイン車両の中から、反響の大きかった車両が紹介されています。

 
『2014 ハロウィーン・ライナー』、『2014 クリスマス・ライナー』、『2015 スティッチ・エンカウンター・ライナー』。

“アナと雪の女王” 号も、東京ディズニーランド(TDL)の 2015年~2018年・冬季スペシャルイベント『アナとエルサのフローズンファンタジー』にあわせて、複数デザインのライナーが走っていました。

そしてなんといっても『ダッフィー&フレンズ・ライナー』は最高でした。
特に2020年のダッフィー号は 6車両のうち 5両が、それぞれ ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ステラルー、そして当時デビューしたクッキーアンのキャラクターデザイン内装になっており(ダッフィーだけ2両)、シートが各ぬいぐるみの生地と同じでモフモフでした。

次のダッフィー号が走るとしたら、オルメルが加わりちょうど6車両になるので楽しみです。(2022年はリーナ・ベルも登場なのでどうなるのか?)

2021年は、コロナ禍で特別車両が走る機会がないですが、早くいつもの東京ディズニーリゾートに戻り、新型車両の Type-C で、ステキなデザインに装飾されたライナーに乗りたいですね。

タイトルとURLをコピーしました