Go To トラベル キャンペーンでミラコスタに泊まりました

スポンサーリンク
たまにインパ
スポンサーリンク

コロナ禍の中、政府の『Go To トラベル キャンペーン』が実施され、こんな機会がないと腹をくくれない ホテル・ミラコスタへ行って来ました!
ちなみに部屋は、ミッキー広場とハーバーが臨める、ポルトパラディーゾサイド・ピアッツァグランドビューです。
上の写真は、そのピアッツァ・グランドビューからの眺めで、右側のミッキー広場です。

左の写真はメディテレーニアン・ハーバー側の眺めです。

ミラコスタ決心の理由

  1. Go To トラベル キャンペーンで 35%が国から補助されるため、高額なホテル・ミラコスタはお得感が高い。
  2. コロナ禍で地方から、感染者が多い首都圏への旅行が敬遠されており、且つ、ダントツ感染者の多い東京都のキャンペーン除外のせいか、超予約困難なミラコがそこそこ空いている。
  3. 夏のお盆休みを含め、東京近郊県の人は遠出自粛の雰囲気があり、同じ県内(筆者は千葉県民)なら OK かと。
  4. 夏のディズニーシー内で、太陽の下で泳げる屋外プール(テルメ・ヴェネツィア)は 7/15~8/31 の1ケ月半だけ。

ということでミラコに行く決心をしましたが、最初は ポルトパラディーゾサイド・ピアッツァビューを予約しました。
ところが、キャンセル料が発生する2週間前に、ハーバービューと同様に予約困難と言われるピアッツァグランドビューで空きが出たため予約変更しました。
8月トップシーズンのそれも土日で、ポルトパラディーゾサイドの部屋変更ができること自体が普通はあり得ないことです!
ちなみにハーバービューも空いていたのですが、10万円超えだったので、ピアッツァグランドビューにしました。

参考までに今回検討した部屋(2020年8月、土~日の一泊、MAX3人)の税込室料は下記でした。

  • ハーバービュー:\104,500
  • ピアッツァグランドビュー:\91,700
  • ピアッツァビュー:\88,500

※8月は平日も同じ料金でした

屋外プール狙いだけで、安価な部屋(それでも 6万円台)のトスカーナサイド(入口ゲートのアクアソフィア:地球儀側)も考えましたが、
やはりミラコに泊まるからには閉園時のスマホライトでの『お見送り』や、閉園後のパークを眺めるなど、ポルトパラディーゾサイドでの醍醐味に勝るものはなく、ピアッツァビュー以上にしました。

コロナ関連注意点 ※2020.8.23現在

  • パークチケット(ランド or シー)は、宿泊した翌日分のみ購入保証で、チェックイン当日は対象外です。
  • 15分前にインパークできる宿泊者特権のアーリー(ハッピー15)はやっていません。
  • ミラコゲート(マンマビスコッティーズ・右)はインパーク不可のため、ミラコ戻り(手スタンプ)はできるが、再インパも含め入園は一般のパークエントランスから。
  • 通常チェックインでも、キャストさんの部屋まで案内はやっていない。なので無料の追加アメニティは内線TELで。
  • GoTo キャンペーン“宿泊証明書” は、チェックアウト時にスムーズに受け取ることができます。

 

ミラコスタ駐車場は少し空いていて、東京、千葉、神奈川、埼玉がとても多く、地方ナンバーがいないのが印象的でした。

年パスは持っていないので、日頃はパークの周りをうろつくだけですが、やるときはやらないと!!
コロナ禍が、逆に良いこととなった貴重な体験です。
どうかしっぺ返しが来ませんように・・・。

タイトルとURLをコピーしました